忍者ブログ
徳島EFC!のブログです。 釣行等をクラブ員でUP致します。
2017/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 『生きちょったか、形が変わってしもうたなぁ。』
久しぶりの顔合わせに、お互いに過ぎ去った月日が、感慨深く、
言葉数を少なくする。
この船頭には、中田BROTHERSのお陰もあり、辛辣な言葉とは裏腹に、
とても大事にしてもらった。

 3人での磯上がり、本当に久しぶりである。
渡船どおしのジャンケンで勝ち、『ヤッカンのナダレ』に渡礁・・・。
さすが、武者泊の申し子。大潮、引きの本流を狙うつもりである。

 ジャンケンでポジションを決め、釣り開始。
まだ、満潮が残っており、『北の船着』が交互にさおを曲げる。
おっさんとサトちゃんは、おっきい『たかべ』と『イサギ』を交互に掛けている。
私には、まだアタリすらない・・・・。

 一時間ぐらい過ぎただろうか、潮がたるみ始め、『ヒナダン』向きに、
打ち込んだ仕掛けが、満ちの潮に少し引かれた瞬間、
溜めて取る『翔汐1.5-5.7』が大きく弧を描いた。
しつこい抵抗に耐え、タモに納まったのは、なんと口をとんがらせた、ニイサン・・・・。
コイツだけは、釣行では、顔も見たくは無い。

 引きの潮が強くなり、本流が川の瀬の様に波打って流れ始め、
イサギを2尾と取り頃のグレを追加した。
しかし、その後が悲惨であった。
竿に乗った、モンスターはすべて、いとも簡単に、ラインブレイク・・・・・。
しかも、3人で8回も・・・・・。

 結局、取り込んだ大物といえば、サトちゃんが釣った70センチ近い真鯛ぐらい・・・・。
私はモンスターの他に、魚拓が頭をよぎった瞬間、タモに入る寸前に、
鈎をはずしていったイサギに未練が残る・・・。

 
    アブセの船着の杭





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お天気情報
最新CM
[03/20 hayami]
[01/26 早見]
[01/25 元一応会長]
[07/07 一応会長]
[07/03 ハヤミン]
バーコード
ブログ内検索

Copyright © 徳島EFC All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]