忍者ブログ
徳島EFC!のブログです。 釣行等をクラブ員でUP致します。
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 久しぶりに、徳島つろう会の、『エモヤン』、『マエチャン』からのお誘い。
入る場所は、地元、『マエチャン』におまかせ。

 この3人、何が不思議かというと、血液型が同じなのだ。
良い加減といい加減が入り交ざった、ときめきのB型なのである。

 当然のように、集合時間も、9:00ぐらいというと、だいたい10:00にはなる。
これを見越しておかなければ、このトリオには、とても付いてはいけない。

 案の定、場所選びもいい加減、、『マエチャン』の鮎がようけ飛んびょうけん、
ここにした・・・・。なんという発想、他の血液型には、とてもまねが出来ないと思う。


 お昼過ぎまで、『マエチャン』が、通りすがりの鮎を一尾、後は、泣かず飛ばず。
考えてみたら、小さな玉石の場所は、浅い所には少しあるけれど、石の量が
圧倒的に少ない。追われた形跡もなく、彷徨っただけのオトリ・・・。

 場所替り、あっちへ行きこっちへ行き、めぼしい場所は、すべて満員御礼。
こうなると、3人トリオで入るのはむつかしい。
私と『エモヤン』が同じ場所に入り、『マエチャン』は、見えるけど別の場所へ・・・。


 下の瀬でオトリを取って、それを持ってこの流れの速い瀬肩をと目論見、
白波の後ろに、大事にしまってあった、もう一尾のオトリを送る。
掛かったら、あそこまで下がって取り込もうなどと思いを巡らせ、ちょっと竿を立て
緩めたのがいけなかった。根掛かり・・・「友釣りで、一番の地獄・・・。
深いのと、押しが強いのとで、とても回収する気にはなれなかった。

 もう後が無い。前の場所で、彷徨い続けたオトリ、
諦めが半分と、ひょっとしたらと祈るような気持で送り出す。
チャラ瀬に近いような、浅い、流れのゆるい所をトロトロと上へ・・・・。
やがて、少し流れの変化のある所に差し掛かった瞬間、強烈なアタリと
もつれ合う2尾を確認する・・・・。

 長かった・・・・。10:30に釣りを始めて4時間、やっと一尾、感慨もひとしお・・・。

その後は、6連発、下の『エモヤン』にも、オトリのお裾分け・・・・。
やがて、『エモヤン』も一気に天国モードへ・・・・。

 結果は、今年一度も越えたことの無かった、20超えの爆釣、
しかも、20cm以上ばかりの、ダブルダブル・・・・。
友釣りは、主体が人間ではなく、鮎が主体だという事を、改めて思い知らされた。



          勇気凛々我は川の子














PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
素晴らしい!これで食い川はやったようなもんですねもし余裕があるのならば、お裾分けをお願いしたいものです
一応形だけの会長 2010/08/09(Mon)11:48:58 編集
お裾分け
残念ながら、この鮎は、勝浦川の下流産の為、
喰川用にはなりません。
隣近所、愛人、片思いの人、鮎について素人、
貧乏舌用です。
上勝で、もう少し取れれば、お裾分けします。
ホンマにただの事務局 2010/08/10(Tue)13:13:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お天気情報
最新CM
[03/20 hayami]
[01/26 早見]
[01/25 元一応会長]
[07/07 一応会長]
[07/03 ハヤミン]
バーコード
ブログ内検索

Copyright © 徳島EFC All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]