忍者ブログ
徳島EFC!のブログです。 釣行等をクラブ員でUP致します。
2017/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 雨粒の大きさと密度で、水面が見えなくなるような、豪雨を受けながら、
『清流・海部川』での釣りは、中々の辛抱が必要であった。

 朝一にオトリが換わるかどうかで、その日の釣果が大体決まる。
シューと行ってポンと掛かれば、気分良くのめりこんで行ける。

 ところが、この日は、群れアユに目を付けたのがいけなかった。
掛かっても、外れたりして、オトリが換わるのに一時間余りを費やした。
そして、ポンポ~ンと掛かると、しばらくは、オトリが辺り一帯を彷徨うのみ・・・・。


 どんなメカニズムか、私には知るよしもないのだが、しばらくすれば、
突然、閃光のようにどこからともなく現れる、わずか二十数センチの
体当たりに、心が奪われていく。

 今日は、大きな手形をを切ってきた以上、実績を作らないと帰れない。
舌鼓を打った、鱧の御礼にと考え、それでは『清流・海部川』のアユなぞと・・・・。

何時に無く、しかも一ヶ所で粘りに粘って、18尾で終了。

 大将は、たいそう喜んでくれ、新鮮なので姿寿司にするから、
明日取りに来てと、ワクワクするような一言・・・・。

 柚子の酢と絡み合った、見事な姿寿司を5尾も頂いた。
海部のアユは、ヤッパリ美味しいと言うと、アユは、運さえ良ければ、
釣れるけど、姿寿司は、運だけでは作れん・・・。
内の、容赦のない、冷たい言葉を聞いても、ネリヤカナヤで気持ち良く酩酊・・・。

 

         我は川の子『たち吉』の子




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
うまそうですな!
僕も徳島に住んでいた時、職場から近かったので
両国橋たち吉はよく行っていました。なつかしい!
この鮎寿司もホンマにうまそうだ。
宿毛のハンター 2010/09/02(Thu)12:31:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お天気情報
最新CM
[03/20 hayami]
[01/26 早見]
[01/25 元一応会長]
[07/07 一応会長]
[07/03 ハヤミン]
バーコード
ブログ内検索

Copyright © 徳島EFC All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]