忍者ブログ
徳島EFC!のブログです。 釣行等をクラブ員でUP致します。
2018/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 16:00時過ぎまで小松島市で打合せがあり、それを見越して、
用意だけはしていた。

 今から上勝というのは、道中に時間も掛かりすぎ、
余り好きではないのだが、勝浦川の下流部分に決めた。

 オトリ屋の話によると、27cm~28cmが多く掛かっているらしい。
バラシが多いので、細い仕掛けはアカンでよ、と言うアドバイスを受けた。

 以前にも、ここでは、アッと言う間に流心に引っ張り込まれ、
竿を伸されて痛い目にあった事が何度となくあった。
けれども、今年は殆どメタルラインの005でやり通している。
ツマミ糸も03だし、心配ないだろうと、送り出す。

 5分位、瀬の中をあっちへ行ったりこっちへ行ったり、ちょっと落ち着いて、
上へ少し引き上げた瞬間、強い流れの中を上へ駆け上った。
慌てないで、ゆっくりと言い聞かせながら、引き抜くタイミングを待つ・・・・。
だんだんと近くへ寄って来た、これは、貰ったと思った瞬間、
竿先が青空を突き刺した。

 残念無念、どこか痛んでいたのかと思いながら、仕掛けをセット・・・・。
またまた、流れを横切るように、送り出す。
今度は、目印がすっ飛ぶと言うようなアタリ。
思いっきり、竿で溜めたけれど、野生の勢いには勝てなかった・・・・・。

 かくして、大物釣行は、ほんの30分で終焉を迎えた。
同じことを何度も繰り返す。
感性だけでの釣りは、いつまで経っても、上達しない・・・・。



      我は川の子勝浦の子

PR
 日曜日、昨年、鮎の友釣りを堪能させてもらった、海部川へ・・・。
桑野で笹田名人と待ち合わせをし、同乗させて貰った。

 一年ぶりの『北川オトリ店』、情報の提供を受け、
モーニングサービスまでいただき、昨年の夢を求めて『皆ノ瀬』へ・・・・。

 昨年、面白いように掛かった場所も空いていて、すんなりとその場所へ入る。
ただ、滝の落ちている場所は、すっかり様変わりしていて、大きな石が、
かなり砂利に埋まり、ポイントが数えるほどしかなく、水が高く押しが強い。

 清流の、冷たいけれど心地良い水圧を受け、オトリを離す。
水深のある、大石の後ろに入った瞬間、ピンクとグリーンの目印が吹っ飛んだ。
頭の中を、予想される今日の釣果が駆け巡る・・・・。
 
 そして、3尾目までは、爽快であった。
だが、その後、掛かりそうな場所へ何度もトライしたのだか゛、ピクリとも
しなくなった。去年と違い、まったく鮎が見えない。

 こんな時は、簡単に場所を見切る。
足で稼ぐ、そう、遠征しかない。チップ工場の橋まで行き、また、最初に入った、
所まで往復・・・・。ポツポツ拾い、昼までに13尾・・・・。

 連盟の大会なら、トップ通過で決勝へ進めるなどと、嘯きながら、
まぁ苦戦はしたけれど、少なくとも、今日は20尾は固いなどと、
思いを巡らし、希望膨らむ、下流の『富田』へ・・・・。

 ここも、昨年、大釣りをした所・・・・。
ただ、またもや、様相が昨年とはまるっきし違う。
粘りに粘って、5時までに2尾追加。

 夢は破れ、15尾・・・・。
連盟の決勝なら、最下位に沈んでしまう・・・・。 
 


      我は川の子海部の子

 3連休、チョッピリ仕事も片が付き余裕を持って迎えたが、
散々な目に会うことは、予想だにしなかった。

 18日、久しぶりの『引田』へ・・・・。
昨年の今頃は、30㎝オーバーのアジが乱舞していたという、小里名人の
誘いに乗り、夜釣りの支度をして、午後5時、『ドウクツ』に渡礁・・・・。

 「ウキが入れば、メバルかチヌ、それ以外は、アジじゃ。エサトリやおれへん。」
渡礁する前、聞いていたのとは大違い。オセン、フグ、ベラがべたこ・・・。
 
 結局釣れたのは、子供のメバルとイワシと間違うような、小アジ。
そして、春は重宝した、ボラ・・・・。

 結局、試し釣りになってしまった。
釣れだしたのが分かってから行っても、決して遅くは無い。

 20日、梅雨明けが待ち遠しかった、『上勝』へ。
大雨が降ったりして、待ち遠しくてならなかった。
18日に行った、磯の足場が斜めだった為、ふくらはぎに筋肉痛を
起こしながらも、渓流が香る彼女の誘惑には、勝てなかった。

 年のせいか、近頃忘れ物が多い。
折角、誰もいないポイントを見つけ、着替えて入ろうとしたら、タモが無い。
友釣りで、タモが無いというのは、オトリが無いのと同じぐらいで、
とても釣りにならない。
携帯電話も忘れてきて、連絡も出来ず、直接、釣りをしている
知合いを見付け借用した。

 出遅れというのは、色んな所へと影響する。
中々、オトリが替わらない・・・。一時間余り引き倒して、やっとのことで
4本錨が群れ鮎に絡みついた。
そして、ポンポンと5尾追加・・・・。その後ピクリともせず、時を忘却。

 あまりの掛からなさに、業を煮やし、場所代わり。
今度は行ったことの無い、上の方へ・・・・・。
釣り人もいるが、場所も狭い。

 竿抜けしているような所ばかりの釣りにくい所をポトポト拾い、
10尾余りになったと思った。
ここで止めときゃ良かった・・・・・。

 ある程度のリスクは覚悟なのだが、木の枝がいつの間にか
忍び寄ってきたり、小石を掛けてのダブルカット、
(鮎でなくて小石なのでダブルカットとは言わない。)
おまけに、鼻カンを通す時に、一番元気の良い、大きいのが逃亡・・・。
ついでに、釣った数をかぞえていたら、握り損ねてまた逃亡・・・。

 私の釣りは、楽しくてストレスの発散になるどころか、ノイローゼになる。


       ジョニィへの伝言

 うっとおしくて、悶々とした日々が、吹き飛んでしまうような、
嬉しいことがあった。

 昨年は、3年も費やした住宅の設計に、悩まされ続けた。
『街の設計屋』としての自覚をもって臨んだのだが、コロコロと変わる
クライアントの思い付きのような提案に、翻弄され続けた。
 施工業者はとても感性が良く、中々の出来映えと思うほどに仕上がったのだが、
仕事の切れ目が、縁の切れ目と思うような、空しい仕事となってしまった。

 今度のクライアントは、若いけれど、住宅に対するポリシーがあり、
わずか2回の打合せで、プランニングとスタディモデルを、
とても気に入っていただき、契約に至った。

 『二元対比』、これは、私が住宅をプランニングする上でのコンセプトでもある。
広い場所があれば、狭い場所もあり、明るい箇所があれば、暗い箇所も必要とする。
 
 だが、このコンセプトは、仕事以外ではまったく通用しない。
私の釣りには対比が無く、釣れないだけということが多すぎて、
いつも苦笑いのするような、オチの付いた釣りとなる。



           輪廻転生





 まだ誕生日までには、2ヶ月余りあるのだけれど、還暦の祝いをしてもらった。
6年前、友達の家を設計したのがきっかけで、仲間に入れていただいた。

 酒豪プリンセスのみどりさん、いじられキャラのやすこさん、坂野小町のふみこちゃん、
妻の鑑、坂野の歌姫、ギターリストのけいこちゃん、ミスタートラ吉、紳士のしんちゃん、
そしてエロエロ大師のあきらにいさん・・・・・。

 このさわやかで、絆が深くて、気のおけない仲間達、
『ONLY ONE THE EARTH』は『かけがえのない地球』と訳される。
私にとっては、かけがえのない、まさにONLY ONE THE 若妻会・・・・・。

 『真紅の抱き枕』と『真紅のTシャツ』をプレゼントしていただいた。
気持ち良く酩酊し、帰りは、みんなで家まで送ってもらった。

 この優しくて、粋なはからい・・・・。思い出しては、ちょっぴり涙・・・・。


               我は川の子







 釣った鮎のほとんどは、多分、他の人が食することが多いと思う。
そして、釣った鮎に反比例するように、貰い手は少なくない。
待ちぼうけの人たちを一回りするのに、大変な苦行を強いられる・・・。

 それなのに、突然、しかも身近に、ファンが増えてしまった。
たった一人ではあるが、まだ1歳と8ヶ月・・・。「おいっしい~。」と
甲高い声を発しながら、3尾もたいらげてしまったのである。

 もちろん、娘が身をほぐしてやり食べさせたのだが、えらい気に入ったと見え、
催促され、家内の分まで食べてしまい、もう無いと知ると、泣き喚いた。

 バカッ爺の部類に入る私だが、感激も一入・・・・。
純粋で無垢な一言が、涙腺を何度も刺激する。

 「孫の暖に食べさせてやりたい。」、この崇高なモチベーション・・・・。
これさえあれば、抵抗勢力なと゛には、負けるはずがない・・・・。


      威風堂々

 母を病院へ連れて行く、毎週恒例の木曜日、
この日は、大体一日つぶれてしまう。

 ただ、近頃は、鮎も解禁となり、ついでにということが、どちらか
判らなくなってしまう。

 急ぎ早に、母を送り迎えし、『あいさい広場で』で買い物も済ませ、
一路、ホームグラウンドの『上勝』へ・・・・・。

 大分雨が降ったらしく、水が高い。常は川原の所に、水が流れている。
いつも『トロ場』のような所が、波打って流れている・・・。
人が少ないのは大歓迎なのだが、釣りやすい所には、鮎釣師の姿が・・・・。

 折角、早く着いたと思ったのに、場所を探すのに四苦八苦・・・・。
あっという間に正午前、やっとのことでハミ後もあり、鮎もチラホラ見える、
ところを発見。今まで、何度もも通ったたけれど、人の気配を、
ここでは感じたことが無かったし気にも留めたことが無かった場所である。

 『サラ場』・・・・。まさにその通り、瀬落ちの深場へオトリを持っていくと、
すっ飛ぶという表現がピッタリのアタリ・・・。
オトリが替わると、深場も、瀬も、上飛ばし・・・・。

 18cmから20cm位の型の良いのをほんの2時間で14尾、
途中から、雨が降り出し、残念ながら、納竿・・・・。
型の良いのを、お世話になっている人に、献上。
そして、母上にも・・・・。

 久しぶりの快感、そして手ごたえ、これだからやめられない・・・・。


             上勝の子

カウンター
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お天気情報
最新CM
[03/20 hayami]
[01/26 早見]
[01/25 元一応会長]
[07/07 一応会長]
[07/03 ハヤミン]
バーコード
ブログ内検索

Copyright © 徳島EFC All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]