忍者ブログ
徳島EFC!のブログです。 釣行等をクラブ員でUP致します。
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 大物賞を狙い、勝浦川下流へ。
前日、徳島つろう会のマエチャンよりお誘いの電話。
場所は、彼の得意の深トロ・・・・。

 以前に、一度だけ、午後から竿を出したことがあるが、体高のある
ビッグサイズには翻弄された。
また、深いので、根がかりは絶対厳禁、そして一番厄介なのは、オトリが
弱ると、ナマズの餌食になってしまうことである。

 9:00amに集合、上流に一人いるだけで、二人で入るには充分の広さである。
深トロなので、メタル005のラインで始める。
日差しも、以前よりは柔らかく、そして、水温も以前ほど高くは無い。

 マエチャンはここに慣れているせいか、オトリの交換がまったくスムーズ。
私は、どうも、どこで天然に替えていいか解らず、試行錯誤が続く。
一時間位かかっただろうか、やっと、18㎝位の丁度良いサイズに恵まれる。

 その後、2尾掛かってから、オトリの彷徨いタイムが始まった。
次が来ない・・・・。その時、上流の瀬オチに入っていた人が場所替わり・・・。
一度はやってみたかった場所なので、早速場所を移し、手前から
緩くなった瀬を、上飛ばし・・・・。

 ゴールデンタイム、パラダイス、形容のしようが無い、天国モードへ・・・。
まさに、シューと行ってポン、それも23cm前後ばかり・・・・。

 場所を見る目、スキルの高さ・・・、いやちょっと違う。
たまたま、運と偶然が重なったのだと思う。
また、入れ掛かりとは、そういうものだと思う。

 海部川に続き好調を持続・・・・。
勝浦川下流で初めての30尾超え・・・・。
残念なのは、型は全て良かったのだが、ずば抜けたサイズが出なかったこと。
まぁ、欲は言ってられないが、モチベーションはある限り、夢は続く・・・・。

 明日は、エモヤンが参加して、久しぶりのB型トリオの揃い踏みです。



           我は川の子 勝浦の子


 

PR
 どこの河川でも、渇水気味の中、オトリの水温に気を使わなくていい、海部川へ。
まぁ、この前の日曜日の、リベンジも兼ね、B型コンビの復活、そして『ササクサ』へ。


 オトリやの奥さんも、「難しくなってから、よう来るなぁ、余分のオトリ持って行き。」

と優しい言葉を掛けられる。わずか1尾だが、友釣りには、大きな心の余裕となる。

 久しぶりの、ウイークデイの釣り、10:00am前だが、ここ『ササクサ』には、だぁ~れも居ない。
エモヤンは、何時ものごとく、水深10㎝のチャラ瀬へ・・・・。
私は、迷った挙句、入ったことも無い、ずっと上のトロ場へ・・・・。

 釣り場が広いと、どこもかしこも、竿を出したくなり、荒っぽい釣りとなる。
オトリの交換に時間がかかり過ぎ、集中力を欠いた釣りになる。
ところがいとも簡単に1尾・・・・。ただその後が続かない。

 ポイントを替え、群れ鮎の多い所へ・・・。ここも長い時間をかけ、5尾の追加。
シューと行ってポンと掛かる所が無い。
結局、13:30pmの昼食時までに、10尾余り・・・・。

 昼食を済まし、そして、以前に型揃いを釣った、下流の方へ。
少々遠いのだが、ダイエットも兼ねて・・・・。
しかし、ここでも泣かず飛ばず。僅か2尾・・・・。

 せめて、いつも目標にしている20尾超えと思っているのだが、これではとてもおぼつかない。
そうこうしている間に、15:00過ぎ・・・・。もう時間が無いではないか・・・・。

 結局、色々と考えた末、広くて水深の無い、トロ場に入った。しかもど真ん中に・・・。
これが、功を奏した。上へ泳がすと、ガッツ~ン・・・・。鮎が掛かると浅いので、下へ良く走り、
掛かった時の手ごたえと、視認できる2尾のもつれあう姿がたまらない。

 ヘチの、まったく水深の無いような所でも、よく掛かり、まさに入れ掛かり。
シューと行ってポン、もう、いくら掛けたか、解らなくなっていた。
やがて、満足感で一杯の終焉を迎えた。

 今年初の40尾超え・・・・。
エモヤンも、相当釣っており、ここにB型の、海部川名コンビ誕生・・・・。


        我は川の子 海部の子





 徳島つろう会の副会長・エモヤンから久々のお誘いの電話。
二つ返事で、海部川へ・・・・。

 エモヤンは、私がおっ師匠はんの紹介で、徳島つろう会へ入会した時からの
家族ぐるみのお付き合いで、なにかと、面倒を見てくれた、心優しき先輩・・・。
何よりも、若い。還暦はすでに過ぎているのだけれど、髪は真っ黒、
そして、ミスターマイペースの誇り高きB型。

 気のおけない仲間との釣行は、会話も弾み道中も楽しい。
やいのやいのと話すわけではないが、沈黙の時間帯などは一切無い。

 9:00amちょっと前に北川オトリ店に到着。
美味しそうな、大き目のオトリを選ぶ。何故かと言うと、ここの養殖のオトリ、
開いて一夜干しにし、ちょっと炙れば、酒の肴に持って来いである。

 オトリを購入してからが、一つの難関。どこのポイントにするかである。
だがこのB型コンビは、いたって簡単。あまり深く考えず、
「久しぶりに、『ササクサ』にするでの。」、エモヤンの一言で決定。

 この時間帯に、だぁ~れもいない、、『ササクサ』にちょっぴり不安を覚えたが、
強く信じて、お互いが好む釣り場へ。

 エモヤンは、もっとも得意とする水深10センチのチャラ瀬、
私は、大きな石の点在する、深みのある瀬で、オトリを引きずり・・・・。
そしていとも簡単に、20cmぐらいのオトリをゲット。

 その後、13:30pmのお昼タイムまでに、14尾、まぁまぁのペースだ。
エモヤンも10連発の後は、泣かず飛ばずだったらしい。

 昼食を済ませてからは、場所移動も考えたが、
これもまた、「ここでやろう。」のエモヤンの一言で決定。

 私も、エモヤンの川上に入り、あまり得意ではない、チャラ瀬の釣りに・・・。
中々、浅くて、窮屈そうに釣っている私を尻目に、またまた、エモヤンの連発。

 見るのが忍びなく、メタルしか使わない私は、ナイロンの0175号の仕掛けを貰い、
チョッピリ水深のある、平瀬へ・・・・。

 これが功を奏した。念願の入れ掛りタイムへ突入。
ナイロンのオバセが効き、じわりじわりと上飛ばし、
やがて、目印が勢い良く走るのと同時に、もつれ合う2尾を確認する。

 念願の今年初めての、30越え・・・・・。
猛暑を癒してくれるような、冷たくて綺麗な水の海部川、17日もリザーブ・・・・。




       我は川の子 海部の子



 


 

 



 海部川へと用意万端で眠りに付いた。
目が覚めると、7:00時過ぎ・・・・。
腰が折れてしまい、それではと、鎌をかけて、徳島EFCのFに電話。

 案の定、『上勝』へ行っている途中と言う返事。
まぁ、しばらく、『上勝』へは行っていないし、最後にするつもりで、後を追った。

 Fが得意の『製材前』 、おるおる、対岸に1人、そして右岸にFを含めて3人。
今年は、『製材前』は、何時行っても満員御礼の状態で、竿を出すのは
初めてであり、期待に心が躍る・・・・。

 おかしい、ピクリともしない。大きな石もたくさんあり、流れの変化も
申し分ない場所をチョイスしたはずなのだが、上へ飛ばそうが、横切らせようが、
上下に動こうが何の反応もない。

 上では、Fがポツリ、ポツリと掛けている。はるかに、こちらの方の様相 が良いのだが
まったく掛からず、焦りが、泳がせを雑にする・・・・。
オトリを借りるのも、シャクだし、思い切って、場所を捨てた。

 川上へ、歩いていると、山元さんに出会う。川上では、10尾ぐらい釣れたそうで、

オトリが必要だったら、どうぞと声を掛けていただいた。
喉から手が出るほど、欲しかったが、大丈夫ですと大見得を切り、やせ我慢・・・。
 
 場所を決め、使い古した、オトリの元気な方を、祈りを込めて、そっと送り出す。
すぐに、追星きらめく、まっ黄黄がガッツ~ン。
2尾目は少し、苦労したが、時速8尾位のペースで掛かりだした。

 16:00時、30尾には少し足らなかったが、曳き舟も一杯になり終了。
アカンワ、最後にしようと思っていたのに、また来たくなってしまう・・・。

 そしてあくる日、Fは、私が釣った場所に行ったらしい。
前日に釣られてしまって、3尾しか掛からなかったとの連絡を貰った。

 そこで、あすこの場所は難しいので、誰でも、行けば釣れるものではない、
高いスキルが必要だと、諭してあげた。



         久しぶりに上勝の子

 












 雨粒の大きさと密度で、水面が見えなくなるような、豪雨を受けながら、
『清流・海部川』での釣りは、中々の辛抱が必要であった。

 朝一にオトリが換わるかどうかで、その日の釣果が大体決まる。
シューと行ってポンと掛かれば、気分良くのめりこんで行ける。

 ところが、この日は、群れアユに目を付けたのがいけなかった。
掛かっても、外れたりして、オトリが換わるのに一時間余りを費やした。
そして、ポンポ~ンと掛かると、しばらくは、オトリが辺り一帯を彷徨うのみ・・・・。


 どんなメカニズムか、私には知るよしもないのだが、しばらくすれば、
突然、閃光のようにどこからともなく現れる、わずか二十数センチの
体当たりに、心が奪われていく。

 今日は、大きな手形をを切ってきた以上、実績を作らないと帰れない。
舌鼓を打った、鱧の御礼にと考え、それでは『清流・海部川』のアユなぞと・・・・。

何時に無く、しかも一ヶ所で粘りに粘って、18尾で終了。

 大将は、たいそう喜んでくれ、新鮮なので姿寿司にするから、
明日取りに来てと、ワクワクするような一言・・・・。

 柚子の酢と絡み合った、見事な姿寿司を5尾も頂いた。
海部のアユは、ヤッパリ美味しいと言うと、アユは、運さえ良ければ、
釣れるけど、姿寿司は、運だけでは作れん・・・。
内の、容赦のない、冷たい言葉を聞いても、ネリヤカナヤで気持ち良く酩酊・・・。

 

         我は川の子『たち吉』の子




江頭顧問がさりげなくブログアップしてますやん(^_^;)


そのせいで私にノルマが┐('~`;)┌


一応会長



カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お天気情報
最新CM
[03/20 hayami]
[01/26 早見]
[01/25 元一応会長]
[07/07 一応会長]
[07/03 ハヤミン]
バーコード
ブログ内検索

Copyright © 徳島EFC All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]