忍者ブログ
徳島EFC!のブログです。 釣行等をクラブ員でUP致します。
2019/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 自分の釣った魚は、まるで魔法の調味料でもかかったように、
美味しく思えるのは、不思議でしょうがない。

 新鮮さと、下処理の良さと、料理人にもよると思われるが、
私の場合は、美味しい焼酎と気のおけない仲間さえいれば、
少しの自慢を聞いてもらえる雰囲気だけで、十分・・・。

 ピンクの彼女は、湯引きと刺身とちょっと暑いけど、しゃぶしゃぶ・・・・。
もうひとつの、細長~いニイサンは、薄く大きく削いで、シソの葉を挟んで漬けの寿司。


 何時以来やろ・・・・、釣った魚でのパーティーは・・・・、懐かしささえ漂う。
『引田』 is my home ground.

 
        我は海の子、引田の子

PR
 朱色が深緑の中に消え、道糸がピーンと張った瞬間、ズシッと重い手応え、
待ち焦がれていた、ピンクの彼女との逢瀬・・・・。

 『沖で浮かせなアカン、藻に潜られる。じーっと辛抱して溜めなアカン。』
最初のうちは、小里名人のアドバイスを忠実に守りながらも、我慢して溜める・・・。


 中々弱らないのに業を煮やし、とうとう禁断のリールに手を掛けてしまった。
案の定、底へ底へと潜り、藻に引っ掛かってしまった。
この前と同じ・・・・、不吉な予感・・・・、嫌な思い出が、次から次へと頭をよぎる。


 我慢、場所を移動し、糸を張らずに待っていると、弱々しく動き出した気配。
リールを巻くと、また藻に突っ込みの繰り返し、『巻いたらイカンて言よんのに。』
右側の磯から、小里名人のアドバイスが飛ぶ。

 さすがに、何度も藻に突っ込んだせいか、だんだん抵抗も無くなり、
とうとう、ピンクの体を水面に横たえた・・・・。
この前は、この状態から痛恨のラインブレイク・・・・。
慎重に、タモに入れた瞬間、5日前からの恋が成就した・・・・。

 目的を達成した後は、コンセントレーションも無くなり、ボラやチャリコのみ・・・・。
ただ、右隣の磯で、これぞお手本、小里名人の卓越したスキルの高さを目の当りにした。

ハリス1.2号、タモに納まった、ピンクの魚体は、60㎝をはるかに上回っていた・・・・。


        我は海の子、引田の子




 連日の朝3時起床、4時出発。
徳島EFC惨敗の重荷を背負い、ウチの海へ。

 バーベキューを主体の、ちょっとしたコンペティション。
徳島EFCの仲間5人と、元メンバー1人
会長の配慮で、筏を2箇所占有・・・。
ポジションを決めるジャンケン、負ける気がしない・・・・。
たちこめる朝霧の中、3人ずつに分かれて、釣り開始。

 昨日の今日、嫌な予感・・・・、3人というのは、必ず誰か一人が
辛い目を見る。思えばここの処、ず~っと私ではないか・・・。
キヨッチャンが大きなキスを釣り、続けてナベちゃんが30㎝位の真鯛を釣り
別の筏では、50㎝近いチヌをカイチョーが釣り上げた。

 この筏によく来る、キヨッチャンの話では、時合は朝の8時まで・・・。
その後、シャカリキに撒餌をし打ち返したが、あの抜群の感度を持つ『峯ウキ』が、
視線から消え去ることは無かった・・・・・。

 バーベキュー・・・・、美味しい肉、おにぎり、野菜サラダ、
そして何より美味しかった、釣ったばかりのチヌの刺身・・・。
それはそれで、本当に楽しかった。

 『ヒグチ、それが今の実力じゃ。』、
解るんだけれど、極楽寺の和尚、どないかしてくれ~。
もうホンマ釣りしとうなくなるわ・・・・。


                星に祈りを

 
 いつになく、睡眠も十分取り、森井会長に拾ってもらい、引田へ・・・・。
テンションが高い・・・・・。4月25日には名礁『オカメ』に上がり、
1尾とはいえ、チヌも釣ったし、あとはピンク色だけ・・・・。

 思ったとおりに事が運ぶと口も滑らか、いつもだと聞かれなければ、
話さない、抽選番号を見せて廻る。
31人参加の1番・・・・、夢見心地、『松島・東の端』・・・・。

  ルンルンで上がったまでは良かった。
一番釣りたかったポジションは、昨日落石があり、上を見ると、大きな岩が
浮いている気配、とても竿を出す気にはなれなかった。
まぁいい、もう少ししたら潮が変わる。少し右側の、低い所に釣座を構えた。

 この後からが、もう、釣りというものを辞めてしまいたいくらい悲惨であった。
一緒に上がった小里名人は、チヌを2尾釣り、潮変わりを読みきり、磯替り。
その後、この頃、特に身に付けたバラシを連発・・・・。
道糸のトラブルの後、やっとのことで藻から引っ張り出し、浮かした、
60cmオーバーのピンク色は、しばらく横たえながら、手を振るように・・・・・。

 左に、磯替りしてきた岡田さん、右に、MFG香川・会長の多田さん、
二人の真鯛釣りの競演を、指を加えて見物、一人蚊帳の外・・・・・。
クーラーの中の氷がまぶしい・・・。明日のバーベキュー用にしたろ・・・。
惨めな考えしか思いつかない。

 この日は、乙女座生まれが、最高の運勢を持った日であった。
たた゜それは、確実なスキルを持った人が、コンセントレーションを
発揮した時に与えられる、プレゼント・・・・。
私は、朝の抽選まで・・・・。

 えっ、ハヤミン、『オカメ』へ上がっていたの?
確か、『オカメ』は、谷上さんが優勝で、岸田さんが2位。
悲観しなくていいよ、君のポジションは、、『オカメ』の中でも
一番むつかしい、場所だから・・・・・。

 えっ、会長もニギったの?
クラブのメンバーだけに、恥をかかせないキャパシティーの大きさ・・・・。
見たか、徳島EFCのチームワークを・・・・。


 
          『FROM 徳島EFC WITH LOVE』






 
 

 



 『生きちょったか、形が変わってしもうたなぁ。』
久しぶりの顔合わせに、お互いに過ぎ去った月日が、感慨深く、
言葉数を少なくする。
この船頭には、中田BROTHERSのお陰もあり、辛辣な言葉とは裏腹に、
とても大事にしてもらった。

 3人での磯上がり、本当に久しぶりである。
渡船どおしのジャンケンで勝ち、『ヤッカンのナダレ』に渡礁・・・。
さすが、武者泊の申し子。大潮、引きの本流を狙うつもりである。

 ジャンケンでポジションを決め、釣り開始。
まだ、満潮が残っており、『北の船着』が交互にさおを曲げる。
おっさんとサトちゃんは、おっきい『たかべ』と『イサギ』を交互に掛けている。
私には、まだアタリすらない・・・・。

 一時間ぐらい過ぎただろうか、潮がたるみ始め、『ヒナダン』向きに、
打ち込んだ仕掛けが、満ちの潮に少し引かれた瞬間、
溜めて取る『翔汐1.5-5.7』が大きく弧を描いた。
しつこい抵抗に耐え、タモに納まったのは、なんと口をとんがらせた、ニイサン・・・・。
コイツだけは、釣行では、顔も見たくは無い。

 引きの潮が強くなり、本流が川の瀬の様に波打って流れ始め、
イサギを2尾と取り頃のグレを追加した。
しかし、その後が悲惨であった。
竿に乗った、モンスターはすべて、いとも簡単に、ラインブレイク・・・・・。
しかも、3人で8回も・・・・・。

 結局、取り込んだ大物といえば、サトちゃんが釣った70センチ近い真鯛ぐらい・・・・。
私はモンスターの他に、魚拓が頭をよぎった瞬間、タモに入る寸前に、
鈎をはずしていったイサギに未練が残る・・・。

 
    アブセの船着の杭





 『中田のおっさん』は話に聞くと、どうやら幼稚園の時から、『おっさん』と
呼ばれていたらしい。
みんなが『おっさん』と呼ぶので、年上の私もそう呼んでいる。

 私が釣りを始めて間もなく知合い、ほとんどの釣りの手解きを受けた、
徳島県釣連盟第38代名人である。
すべての釣りに精通していて、釣りは本当に上手い。
おっさんには、悟ちゃんと言う弟がいる。
また、彼も、おっさんに引けをとらない位、釣りは上手い。
竿の角度が綺麗で、取り込みなんかは、お手本を見ているようだった。

 合同祝賀会で久しぶりに会い、釣行の約束を取付けた。
久しぶりの『武者泊』、アブセ、ヤッカン、ABやの船頭・・・・・。
40代の楽しかった釣りの思い出が蘇る。


    アブセの船着の杭

25日県外予選を行いました。
場所は香川県引田磯♪この時期は乗っ込みチヌがよく釣れる所。
一応連盟6魚種の総重量で競技しますが、チヌがメインになると思います!
情報によると、マダイが当たってきてるらしく楽しみにしていました。
当日は、知り合いの大会もあって賑やかでした。
その方々の優しさで参加者8人は先に出船しましたが、私達が乗る船は故障で小さな船になりました!
その船に乗っているみんなが可愛いく、面白かったので写真を撮ってしまいました(笑)
磯は、クジ順に先頭さんの指示に従い上がっていきました。
最後のクジの私が上がった所は、底が見える浅い磯(^^;)
大丈夫かな~と思いながら、シモリの落ち込みを狙うと、すぐにチヌが釣れた♪今日はいけると思ってたら後はまったく釣れない…。
前に見えている磯にいる森井さん、樋口さん、田中さんは順調に釣れて凄く楽しそう(@_@)
まるでお仕置き…(泣)
そのまんま、納竿…。
結果優勝笹田さん、準優勝森井さん
三位田中さん、と名人が上位になりました!流石によく釣りますね名人は!
勉強になりました。
今回、ワカイシは撃沈で、H氏にイジメられました(>_<)
皆さんお疲れ様でした。KS



カウンター
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
お天気情報
最新CM
[03/20 hayami]
[01/26 早見]
[01/25 元一応会長]
[07/07 一応会長]
[07/03 ハヤミン]
バーコード
ブログ内検索

Copyright © 徳島EFC All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]